粋物 拓馬の招ね木(まねき まねぎ)

お知らせ>
大変申し訳ないのですが原油高騰のため、原材料の値上がりしてしまいました。
なんとか、当店でも値上げをせず、と考えていたのですが、限界に達してしまいました。
八月一日より商品のお値段を変更させていただきました。
これからもご愛顧のほどよろしくお願いします。


招ね木とは江戸の昔、宿場の旅篭や茶屋に 旅馴れた馴染みの連中が大山講や富士講の講中名や団体、
火消しの組の名を記した、木札や手拭いを表に掲げました。 それが、招き看板 招き手拭い といわれるものです。
新しいお客様を招くところから、「招き」とよばれ、 「招木」、「招喜」の文字をあてていました。
江戸も文化文政の頃になると、 銘木を選び、文字を彫り込み、漆を差して意匠を凝らした形となり、お客を呼ぶ縁起から
商家、粋筋をはじめ、芸界、火消しの内飾りとして 縁起棚の脇に飾られました。


粋物 拓馬では従来の招木は、インテリアとして使ったり、 携帯ストラップにするには大きさ、お値段では、向かない為
粋な和小物を愛する方のために ミニチュアサイズ、お手ごろ値段でお作りしています。
本来全て手彫りで一つ一つ彫っていくのですが、
最新のレーザー彫刻との併用で100%手彫りでは不可能な細かさを実現しました。
材質は全て国産最高級の御蔵島産のつげを使用しております。

商品一覧
すかし札(金銀細工)
お名前シール
りんく
オリジナル小物
巾着(ヌバック製品)
ハワイアン細工
ダーツ関連商品
アクリルストラップ
札関連商品
根付紐一覧
高級正絹紐
首掛け紐一覧
粋物 拓馬とは
職人の紹介
技術の紹介
 
お問い合わせ
 
表面彫刻と色入れ技法
粋物 拓馬では古来からの、まね木の技法『額彫り』を使用しております
札サイズ

大札サイズ   50×17×4.5 多少誤差は有ります

特大札サイズ 60×20×4.5 多少誤差は有ります

文字のみは片面に対して4文字まで お入れできます
紋頭は 家紋以外に代紋も
お入れ出来ます。

尚紋頭をお入れした場合、
文字は2文字までとさせていただきます。





お値段

大札   (片面加工) ¥4,500
      (両面加工) ¥5,500


特大札 (片面加工) ¥5,500
      (両面加工) ¥6,500


 ※札サイズ、家紋によってお入れできないものもあります。
 ※文字は基本的に1〜4文字までです。
 ※ご用意していない家紋等は別料金です
 ※家紋以外もお入れできます。(要問い合わせ)
 
特大札は首掛け仕様にもできます
       
 
家紋や代紋の加工
  細かな家紋(デザイン)の表現方法

簡単な家紋(又はデザイン)は額彫りにし、
『朱』 または 『白』の色を差しますが
細かな家紋等は白色の特殊素材を流し込み、型埋め致します。
※基本的に、額彫りか型埋めかはお選びいただきません
家紋もお入れできます
 
 家紋を文字の上に冠したデザインで 最も一般的な物です。
  家紋以外に 町会、同好会等の代紋を お入れする事も出来ます。
  家紋は約2000種ご用意しております。
  家紋は基本的に白での埋め込みになります
       
 

家紋はほぼ全て白埋め加工(写真右)になります
画面では確認できませんが加工部分の大きさは
直径約1.2mmですの型埋め加工です
 
直径1.2mm の大きさに色を 差します。
白埋め加工は他店には 真似できない
          当店独自の 技術です
 
選べる文字体
御注文

ご質問

トップへ
拡大できます 、寄席文字
  寄席で使われろ基本的な書体。
  一般的な文字に比べ大きく変形し多少の
  読みにくさが 『味』 となり粋さを醸し出しています。

2、江戸勘亭流
  『和風』と言えばまず一番先に
  出てくるのがこの勘亭流。イメージは『四角い』と
  言うよりも『丸い』。全ての文字が優しい感じの書体です。

3、髭(ひげ)文字
  他の書体と大きく異なる点は、
  文字の一筆一筆の終わりに、毛筆独特の擦れた
  感じが、髭のように見えます。
  主に凧絵などに用いられた書き方です。

4、籠文字
  江戸文字を語る上で欠かせないのが
  この『籠(かご)文字』。江戸時代より
  ちょうちんや招ね木等に用いられ
  男性的な力強さが魅力の書体です。
  木札にも多く用いられています。

  やはり、一番人気の書体です。

  ↑クリックすると拡大します    
       
       
       
       
       
       
       
       
 



Copyright 2004.tacfactory.com-ikimono takuma. All rights reserved.